圧倒的な差

圧倒的に時間が足りないな(汗。

さて、最近よく考えるのは「プロとは何だろう」という事。

ヘアーにしろ、ネイルにしろ、クリーニングにしろ、料理にしよ、家庭で出来るものも多くなっている現代。お金を頂く以上、圧倒的に家庭との違いを、変な言い方をすれば、「見せつけなければならない」。

「こんなんやったら、家で出来るじゃん。。。」

そう言われたら?単純に悔しい。プロである以上。

でも、機械の発達などにより、素人の目から見れば、プロとアマの差は確実に縮まりつつある。ま、プロから見れば差は歴然としてるのでしょうけど。一般的にはね。一般的に。

 

コーヒー業界とか、どうだろう。

家庭で簡単エスプレッソ・コーヒーや、コンビニでは100円のコーヒーが出現。喫茶店でお茶を飲む、事の意味が変化してきているのではないだろうか。単純な喫茶店は消え、スタバのようなオシャレでサービスの質も高いお店か、地元密着のコミュニケーションが取れるお店、後はこだわりが半端ないお店しか生き残ってきていないのでは?

そんなに喫茶店業界知らないので深くは突っ込まないでください(笑)。

でも、喫茶店がどんどんなくなっているのは事実。

そういった職人堅気のお店はどんどん高齢化し、機械が壊れるか、高齢の職人さんの引退で跡継ぎはおらず終了、、、という形も増えてきている。

 

職人の世界とは、現実かなり大変な世界である。その世界だからこそ、光り輝かせ、憧れの職業としなくてはならない。でも、結果がすぐに出る世界でもなく、忍耐と根性の上に築き上げられるものとも思う。

 

そんな今日、以前クリーニングをご依頼頂き、感動してくださったお客様が新たにご依頼品をもってきてくださった。家庭でも洗えるかもしれないモノ。でもうちを信頼して持ってきてくださった。

仕上がりは圧倒的な家庭洗濯との差を見せつけなくてはならない。

それがプロなのだから。

2015-08-06 19.03.44

The following two tabs change content below.
代表:米井敏進
株式会社キレイニ代表&職人。1976年生まれ。 姫路出身。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。 異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 レザーウェアクリーニング全般を行うと共に、靴・バッグのクリーニング全般も行う。 レザー染色の技術については、本場姫路レザー地区の指導を受け、レザー専用の塗料や染料を使いこなし、スプレーガン等により色を修復する技術を習得する。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 姉妹店ヨネイクリーニングの代表でもある。 http://www.kileini.com/