マスキング

 

レザーカラーリングの作業の行程としてマスキングの作業があります。レザーの色を吹き付ける際に、修復箇所以外の部分に色がつかないようにするため。車や外壁の塗装などにもよく使われますが、やはりこのようなレザーの修復にも使用します。

ただ、非常に細かい作業になるので結構大変(笑)。

女性の方がこういうのは向いているのかな。

 

The following two tabs change content below.
代表:米井敏進
株式会社キレイニ代表&職人。1976年生まれ。 姫路出身。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。 異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 レザーウェアクリーニング全般を行うと共に、靴・バッグのクリーニング全般も行う。 レザー染色の技術については、本場姫路レザー地区の指導を受け、レザー専用の塗料や染料を使いこなし、スプレーガン等により色を修復する技術を習得する。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 姉妹店ヨネイクリーニングの代表でもある。 http://www.kileini.com/