オシムの言葉

CMで引き付けられる事がまれにある。前はNISSANの矢沢永吉のCM。

今回はそれを超える作りだった。

 

昨夜

APRONでの仕事を終え帰宅すると、もう24時前。

ふとテレビをつけるとオリンピック予選のサッカーを放送していた。

イラクとの闘い1点リードで前半折り返すかと思いきや、イラクの猛攻撃1点を決められ同点。

 

やはりドーハは何か起きるな、、、と思いつつ、ご飯を食べながら何気に見ていたCM。

映像がかなり美しく、文字の入れ方や映像のショットが素晴らしい。

そしてさらっと登場する松井大輔。そこへ登場するオシム。

登場の時の存在感が半端ない。オーラが漲っている。一つ一つの言葉に魂が乗っているかのよう…。

この言葉、、、、自分が言われてるような錯覚を起こした方も多いのではと思う。

今の時代、何が正しいのか悪いのか、どうすればよいのか、何を選択すればよいのか、

とても複雑になっている。

情報が氾濫していることは、前に進む前にどうなるかを自分自身の中でシミレーションさせてしまう。諦めも早くなり無難な生き方になるのかもしれない。

人生は1度きりだ。大人しくするのは誰だって出来る。やるときは何も考えずに進む事も必要。少年少女の時はそうだったんではないか?

自分には、意見をもっとしっかりと通す事が必要だなと思った。

 

CM後の後半の試合では、狭間の世代と言われているJAPANのメンバーが劇的なロスタイムゴールを決める。これには思わず声が出てしまった。この世代、決して目立つような存在はいない。でも、苦労を経験してきた芯の強さの部分が非常によく見えた。勝てなかったイラクに勝ち涙するメンバーたち。オリンピックでの活躍を期待すると共に決勝も勝って優勝でオリンピックへ行って欲しい。

 

見習うべきことに年齢・性別・国籍・ジャンルは関係ない。

いいものはいい。

 

CM見ていない人は是非みてください(てかこのブログ自体ほとんど見られてないんちゃうw)。

The following two tabs change content below.
代表:米井敏進
株式会社キレイニ代表&職人。1976年生まれ。 姫路出身。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。 異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 レザーウェアクリーニング全般を行うと共に、靴・バッグのクリーニング全般も行う。 レザー染色の技術については、本場姫路レザー地区の指導を受け、レザー専用の塗料や染料を使いこなし、スプレーガン等により色を修復する技術を習得する。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 姉妹店ヨネイクリーニングの代表でもある。 http://www.kileini.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA