泣けた

またABCマラソンの話題(笑)。

先日放送してた特番を見る。

嫁とこれおかずにしてしばらく酒が呑めそうな(笑)。初マラソンにして4時間切りのABCの岩本アナ。マラソン歴9年目、三度目の篠山で4時間ちょいで完走の野々村誠さん。どちらもスゴイ。こちらも初マラソンにして完走の浜口順子さん。笑顔で走るのも素敵だった。

その中でも野々村さんの言葉が印象的だった。

「マラソンは自分を変えてくれたきっかけだった。少しずつの努力、地道な努力が何かを変える。完走へと導いてくれる。走れる限りは走り続けますよ」

ゴール前、ヘトヘトでグタグタの姿で走る野々村さんに涙が出た。自分との戦いに勝つ事の出来る強い力を

35キロからの悪魔はランナー全てに存在してた。

身体の痛み、足の変化、誘惑、折れそうな、諦めの心。

自分を振り返り、何度も負けた自分がいた。

それがめちゃくちゃ悔しい。
次のマラソンは姫路城ではなく篠山にすることにする。てか、毎年ここに来たい。

ランネットを見たらゴールの写真が出てた。

年を追うごとに違う自分でいたいね。

The following two tabs change content below.
代表:米井敏進
株式会社キレイニ代表&職人。1976年生まれ。 姫路出身。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。 異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 レザーウェアクリーニング全般を行うと共に、靴・バッグのクリーニング全般も行う。 レザー染色の技術については、本場姫路レザー地区の指導を受け、レザー専用の塗料や染料を使いこなし、スプレーガン等により色を修復する技術を習得する。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 姉妹店ヨネイクリーニングの代表でもある。 http://www.kileini.com/