オリジナルの強さ

オリジナルがやはり強い。

既製品ではなくオリジナル。

今、この時代を生活している自分自身の行動を考えると…。知らず知らず他とは違うものを求めている。ある程度みんなが一緒になってゆくと飽きてしまいません?
昔はみんなと同じものが安心感のあった時代。

今は「他とどう違うか」が主になってきている時代。

 

個性を伸ばす教育、ナンバーワンではなくオンリーワンの教育を受けてこられた方々が時代を担う時代がもう来てます。その方々に対しての業や商いを考えることこそ時代を生き抜くヒントがあるような気がします。

 

そんな事を考える24日。

仕事がひと段落した夕方。

ふと外をみると素敵な色が差し込んでゆく。

綺麗だなー。

日中の青空も綺麗だけど、

夕方の空がふと見せる、何とも言えない色が何か惹きつけさせる。

 

 

私自身。

 

昔から天邪鬼っ気があるので、同じ流れには逆らいたくなる気質(それが欠点でもある)。前にブログにも書いたことがあるのですが、中学生時代はオリジナル漫画(ほぼパクリだけど)を書いてクラスに配布したり、大学時代は音楽のフリーペーパーを作って配布したり。

基本的には作るのが好き。だからホームページもすべて作る。

 

でも、デザインとか全くの素人なので結局は素人止まり(笑)。でも少しは何か出来るので、外注費を払わずに済みます(笑)。

オリジナルを自分で作れるのは強し。でも任せる所はプロに任せる。結局は素人だからねー。今日も仕事終わりにオリジナルもんをイラレで制作。

サンプル作成&確認後は、即プリントパックへ発注。

印刷発注の流れがこれで出来てしまうのもひと昔前には考えられなかったよなー。クリーニングやリペアといったサービス業の形も内容はそこまで変わらなくてもやり方や手段は変わってゆく。

中途半端はなくなり、両極端な時代はもう来てる。

商業の形が変わりつつある今。

どうゆう道を進むのかは自分自身の中にある。

 

 

この道より

我を生かす道なし

この道を歩く

武者小路実篤

TOSHIYUKI YONEITOSHIYUKI YONEI

TOSHIYUKI YONEI

株式会社キレイニCEO&職人。1976年生 姫路出身。 【クリーニング師・繊維製品品質管理士・クリーニングアドバイザー・不入流染み抜き師範】の資格を持つ。主に衣類のクリーニング、染み抜き、レザークリーニング担当。キレイを追い求める2児の父親。

こちらもチェック

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新POST

  1. マイクロチップ

  2. LEONARD(レオナール)柄物シャツの色移り(移染)の染み抜き処理

  3. GENTIL BANDIT(ジャンティバンティ)バッグのクリーニングとしみぬき

  4. 白のキャンパス×レザースニーカーのクリーニング

  5. BALENCIAGA(バレンシアガ) キャンバストートバッグのクリーニング&染み抜き

TOP