良い子のみんなは決してマネしないでね

かばんのご相談があった。

とても気に入ってるデザインのバッグなんだけど、カビが全体に生えまくっている。

かばんの全体クリーニングは、とてもリスキーな作業である。

クリーニング業者は色々とあるかも知れないけれど、どこも同じことはやっていないと思う。

かばんの作りも様々だし、革も1点1点全く違うものだ。

 

衣類のように洗えるを前提で作られていない。

それをクリーニングするのだから、かなりの経験と技術が必要。

 

今回もお客様とがっつり話し込んでからの作業となった。

2016-03-19 15.41.53

左はカビ状態。右はクリーニング作業中。

 

あっ、ちょっと待って。。。

 

これを見てかばんは水で洗える!なんて決して思わないで!!

今までもかなり家庭で洗って失敗した品を見てきている。

 

シャネルのかばんの革がシワシワボロボロになっていたり、、、、

ディオールが色がムラムラになって汚くなってたり、、、

ビジネスバッグがグニャグニャに変形してたり……

 

そうなるともう取り返しつかない。

 

良い子のみんなは決してマネしないでね(笑)。

あと経験の無い業者さんもね(汗。

一般衣類の感覚でやるとダメよダメダメ。

 

経験や技術と、洗う資材や環境、革の知識、

かばんの知識、カラーリングの技術、などなど

すべて揃っていないとこうゆうことは出来ないのです。

 

しみ抜きもそうだけど、

家庭で出来る簡単レザー洗い…

ってのは基本的には無いのです(笑)。

TOSHIYUKI YONEITOSHIYUKI YONEI

TOSHIYUKI YONEI

株式会社キレイニCEO&職人。1976年生 姫路出身。 【クリーニング師・繊維製品品質管理士・クリーニングアドバイザー・不入流染み抜き師範】の資格を持つ。主に衣類のクリーニング、染み抜き、レザークリーニング担当。キレイを追い求める2児の父親。

こちらもチェック

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新POST

  1. おとくぅ

  2. 眠れない夜はない

  3. シルエット

  4. 紳士靴(ビジネスシューズ・メンズ)のクリーニングと靴磨きと部分補色

  5. フォルクスワーゲン(volkswagen)車のシートのメンテナンス・色ハゲ・ヒビ割れ直し

TOP